現代民俗学会The Society of Living Folkloreは民俗学に関心をもつ多様な人々で構成され、定期的な研究会の開催と『現代民俗学研究』誌の刊行を主な事業として民俗学の尖鋭化・実質化・国際化に取り組んでいます

トップページへ

新着情報

第34回研究会(予告)民俗学の論点2016

ポスター 日 時: 2016年9月18日(日)13:00~
会 場:東京大学東洋文化研究所大会議室


登壇者:
 現代民俗学会研究企画委員会(第5期)
コーディネーター:
 塚原伸治(茨城大学)、鈴木洋平(東京都市大学)



■主催:現代民俗学会

第33回研究会(終了)パブリック・ヒストリー―多様なる歴史実践から生まれる開かれた歴史―

ポスター 日 時: 2016年9月10日(土)13:00~
会 場:東京大学東洋文化研究所大会議室

発題:
 菅豊(東京大学教授)
特別講演:
 岡本充弘(東洋大学名誉教授)
コーディネーター・ディスカッサント:
 北條勝貴(上智大学准教授)、菅豊

■主催/共催:現代民俗学会、パブリック・ヒストリー研究会(科研「パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究」グループ)、東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会

第32回研究会(終了)フォーク・メディアとフォーク・コミュニケーション―〈いくつもの民俗学〉と現代民俗学―

ポスター 日 時: 2016年8月6日(土)13:30~
会 場:神戸大学国際文化学研究科(鶴甲第1キャンパス)学術交流ルーム(E410)

発表者:
 荒井芳廣(大妻女子大学)
 竹村嘉晃(人間文化研究機構総合人間文化推進センター/南アジア地域研究国立民族学博物館拠点)
コーディネーター:
 梅屋潔(神戸大学)・島村恭則(関西学院大学)

■主催/共催:現代民俗学会・神戸人類学研究会

2016年度年次大会(終了

日 時:2016年5月21日(土)10:00~
場 所:東京大学東洋文化研究所 大会議室
ポスター  

(1)個人研究発表 10:00~12:00


(2)会員総会 12:00~12:45


(3)年次大会シンポジウム 13:30~

「民俗」にはまる人々―「民俗」中心の民俗学を超えて―


発表者:
 森田玲(玲月流 篠笛奏者)
 有本尚央(甲南女子大学)
 塚原伸治(茨城大学)

現代民俗学会 運営委員選挙に関する公示

『現代民俗学研究』第9号への投稿募集

 『現代民俗学研究』第9号(2017年3月刊行予定)につきまして、投稿受付を開始いたします。本誌では、民俗学の尖鋭化、実質化、国際化に資する意欲的な投稿を広く募集しています。会員の皆さまの積極的なご投稿をお待ちしております。
 査読付論文(研究ノートを含む)につきましては、事前のエントリーが必要です。エントリー用紙をダウンロードの上、必要事項を記入し、現代民俗学会編集委員会あてにご送付ください。おりかえし編集委員会よりご返信を差し上げます。

エントリー期限:2016年5月31日(火)
投稿期限:2016年7月1日(金)

◇お知らせ:
・投稿にあたっては下掲の投稿規定・執筆細則を熟読ください。
・会費に未納期間のある方の投稿は受理できませんので、期限までに会費納入をお済ませください。
・非会員の方は、エントリーと同時にご入会いただくことで第9号への投稿が可能になります。

第31回研究会(終了)他者の中の日本像 ―複層化する台湾の『民俗学』的視線―

ポスター 日 時: 2016年3月6日(日)13:00~
会 場:成城大学 3号館311教室
発表者:
 明田川聡士(東京大学大学院/台湾文学)
 鈴木洋平(東京都市大学/民俗学・文化人類学)
 水口拓寿(武蔵大学/中国思想文化学・台湾文化研究)
コメンテーター:
 西村一之(日本女子大学)
コーディネーター:
 鈴木洋平(東京都市大学/民俗学・文化人類学)

■主催:現代民俗学会

第30回研究会(終了)「捨てられゆくもの」の民俗学・社会学 ―村落社会における耕作放棄・空き家・無縁墓―

ポスター 日 時: 2015年12月20日(日)13:00~
会 場:東京大学東洋文化研究所3階 大会議室
発表者:
 藤井紘司(早稲田大学研究員/民俗学・文化人類学)
 芦田裕介(宮崎大学/農村社会学)
 五十川飛暁(四天王寺大学/環境社会学)
コーディネーター:
 金子祥之(東京大学/民俗学・社会学)、菅豊(東京大学/民俗学)、矢野晋吾(青山学院大学/農村社会学)
■主催/共催:現代民俗学会、日本村落研究学会、「新しい野の学問」研究会(科研「現代市民社会における『公共民俗学』の応用に関する研究―『新しい野の学問』の構築―」(代表者:菅豊)

第29回研究会(終了)獣害問題を民俗学から考える―在来知と科学的管理の交錯

ポスター 日 時: 2015年11月14日(土)13:00~
会 場:東京大学東洋文化研究所3階 大会議室
発表者:
 近藤祉秋(アラスカ大学大学院)
 合原織部(京都大学大学院)
コメンテーター:
 田口洋美(東北芸術工科大学)
 奥野克巳(立教大学)
コーディネーター:
 菅豊(東京大学)、塚原伸治(茨城大学)、 近藤祉秋(アラスカ大学大学院)

■主催/共催:現代民俗学会、科研「現代市民社会における『公共民俗学』の応用に関する研究―『新しい野の学問』の構築―」(代表者:菅豊)、科研「動物殺しの比較民族誌研究」(代表者:奥野克巳)

第28回研究会(終了)物質文化研究の新地平

ポスター 日 時: 2015年8月1日(土)13:00~
会 場:神戸大学鶴甲第一キャンパスF棟301号教室
発表者:
 後藤明(南山大学)
 大西秀之(同志社女子大学)
コメンテーター:
 島村恭則(関西学院大学)
コーディネーター:
 梅屋潔(神戸大学)

■主催:現代民俗学会

2015年度年次大会(終了

日 時:2015年5月23日(土)11:30~
場 所:成城大学 3号館311教室
 

(1)個人研究発表 11:30~12:00

11:30~12:00
   廣田龍平(筑波大学)
   「タマシイはどこに留まるのか―仮設住宅における手作り仏壇からみる死者との関係性―」
 

(2)会員総会 12:00~12:45

・事業報告
・会計報告ほか

ポスター

(3)年次大会シンポジウム 13:30~

円環する〈民俗学〉的知―学校教育と文化行政の現場から再考する―


発表者:
 伊藤純郎(筑波大学)「学校教育のなかの民俗学」
 蘇理剛志(和歌山県教育庁生涯学習局文化遺産課)「〈民俗学〉的知の活用と無形民俗文化財」
コメンテーター:
 島立理子(千葉県立中央博物館)
 俵木悟(成城大学)
コーディネーター
 伊藤純(早稲田大学人間総合研究センター研究員)、松岡薫(筑波大学大学院/中央大学校)

『現代民俗学研究』第8号への投稿募集《受付を終了しました》

 『現代民俗学研究』第8号(2016年3月刊行予定)につきまして、投稿受付を開始いたします。本誌では、民俗学の尖鋭化、実質化、国際化に資する意欲的な投稿を広く募集しています。会員の皆さまの積極的なご投稿をお待ちしております。
 査読付論文(研究ノートを含む)につきましては、事前のエントリーが必要です。エントリー用紙をダウンロードの上、必要事項を記入し、現代民俗学会編集委員会あてにご送付ください。おりかえし編集委員会よりご返信を差し上げます。

エントリー期限:5月31日(日)※受付を終了しました
投稿期限:2015年7月1日(水)

◇お知らせ:
・投稿にあたっては下掲の投稿規定・執筆細則を熟読ください。
・会費に未納期間のある方の投稿は受理できませんので、期限までに会費納入をお済ませください。非会員の方は、エントリーと同時にご入会いただくことで8号への投稿が可能になります。

第27回研究会(終了)生活のなかの感性と美学

ポスター 日 時: 2015年4月26日(日)11:00~12:15
会 場:成城大学3号館311教室
発表者:
 俵木悟(成城大学)
 丸山泰明(元国立歴史民俗博物館)
 横川公子(武庫川女子大学)
コーディネーター:
 俵木悟

■主催/共催:現代民俗学会、Anthropology of Japan in Japan、成城大学グローカル研究センター

新着の各種研究会等情報

※詳細はリンク先をご確認ください
AJJ学会2016年春学会の発表募集

AJJ (Anthropology of Japan in Japan)学会2016年春の研究大会は、4月23・24日の両日、東北大学大学院文学研究科(東北大学川内南キャンパス)にて開催されます。

発表は英語・日本語どちらも可能です。発表ご希望の方は、4月10日(日)までに、下記サイト掲載の募集要項に従って、ajj2016spring[at]gmail.com宛にお申し込みください。

詳細はこちら

問い合わせ:
問い合わせ先アドレスはリンク先に掲載されています。