現代民俗学会The Society of Living Folkloreは民俗学に関心をもつ多様な人々で構成され、定期的な研究会の開催と『現代民俗学研究』誌の刊行を主な事業として民俗学の尖鋭化・実質化・国際化に取り組んでいます

トップページへ

会員より寄せられた研究会等の開催情報

・詳細はリンク先にてご確認ください

日本村落研究学会 関東地区研究会「フィールド研究における「歴史」とはなにか」


■日時:2021年3月20日(土):14:00~17:30
■会場:Zoomオンライン
■参加申込:事前登録が必要です。2021年3月17(水曜)日までに登録をお願い致します。詳細は下記ウェブサイトから。

研究会の主旨:
 本研究会は、フィールド研究における「歴史」とはなにか、という点を改めて考えることを目的としている。昨年来、コロナ禍のもとでフィールド調査が困難となり、既存の議論の相対化が迫られている。こうした状況も踏まえ、コロナ禍とのかかわりも含めて議論を行いたい。菅豊会員(民俗学)からは、近著『パブリック・ヒストリー入門 開かれた歴史学への挑戦』を手がかりに、パブリックヒストリーの構想の全体像、フィールド研究における歴史の主体、捉え方などを報告頂き、高田知和会員(社会学)から、特に市町村史や字史の現場を調査してきた経験を踏まえ、歴史を描く主体、その描き方などを含めた報告、大門正克氏からは、歴史学の立場から、俯瞰的視点と現場のミクロな視点の双方の視点から、歴史学が捉えてきた「歴史」と現在の状況を踏まえ、上記報告についてのコメントを頂きます。ふるってご参加下さい。

報告1:菅豊(東京大学)「パブリック・ヒストリーとは何か?」
報告2:高田知和(東京国際大学)「地域社会の歴史は誰が書いてきたのか―アカデミズム史学、郷土史、いわゆる『字誌』―」
コメント:大門正克(早稲田大学)

■詳細ウェブサイトはこちら