現代民俗学会The Society of Living Folkloreは民俗学に関心をもつ多様な人々で構成され、定期的な研究会の開催と『現代民俗学研究』誌の刊行を主な事業として民俗学の尖鋭化・実質化・国際化に取り組んでいます

トップページへ

『現代民俗学研究』について > 第13号目次および論文要旨

第13号(2021年3月付) 104頁

・『現代民俗学研究』第13号は2021年4月より頒布開始しました。

目次
論文
 金城ハウプトマン朱美  ドイツ語圏における現代伝説の受容―ロルフ・W. ・ブレードニヒ『観葉植物ユッカの蜘蛛:現代伝説』への投書とその後―
   コメント(飯倉義之)
 片岡  樹 祟る中世―愛媛県菊間町の戦国落城伝説――
 野続 祐貴 「脱日常化しない祭り」における日常と非日常―青森ねぶた祭に参加する「旅人跳人」の実践に着目して―
   コメント(阿南 透)
研究ノート
 永岡 圭介 現代の湯治における保養についての一考察
批評
 川村 邦光 / 武田 俊輔 / 渡部 圭一
研究会記録/学会記録/年次大会発表要旨

金城ハウプトマン朱美 KANESHIRO-HAUPTMANN Akemi

pp. 1-16.

ドイツ語圏における現代伝説の受容―ロルフ・W. ・ブレードニヒ『観葉植物ユッカの蜘蛛:現代伝説』への投書とその後―

Contemporary Legends in German Speaking Countries: Letters of Readers for Die Spinne in der Yucca-Palme of Rolf W. Brednich and after it

キーワード:現代伝説 投書 ドイツ 信憑性 文字化

要旨
 現代伝説とは、日常に起こる、リアルな話であり、さまざまな想い(願い、希望、恐れ、物的損失、病気、物質損傷の不安など)が反映されている話である。ドイツの民俗学者ロルフW.ブレードニヒと学生が協働して現代伝説を収集し、1990年にはドイツで初の現代伝説集『観葉植物ユッカの蜘蛛;現代伝説』が出版された。本書は多くの読者を獲得しただけではなく、2009年までに6000通以上の投書を得た。これはブレードニヒが前書きに書いた呼びかけに対する読者の反応であった。読者は投書に新しい話を書いたり、コメントや文献情報を編者に寄せたりしていたのだ。これらの投書をもとに、本書に続いて現代伝説集が4編出版された。筆者は、この「編者への手紙」を20世紀の口承文芸研究における興味深い事象であり、ドイツ特有の現象であるととらえて、投書の一部を分析し、その特徴を分類した。さらに各メディア(映画、インターネットなど)における現代伝説の受容も考察に加えた。『蜘蛛』の出版後、インターネット上で現代伝説を収集している民俗学者はドイツに存在しないことから、現代伝説研究の問題点と現状について考察した。

Abstract
  In contemporary legends prejudices (e.g. wishes, hopes, fears, and fears of material loss, illnesses, injury of the private sphere etc.) are reflected. They are close to life and reality. These stories were collected by the folklorist Rolf W. Brednich and his students in Germany, which led in 1990 to the first German collection of contemporary legends Die Spinne in der Yucca-Palme. The book not only could attract numerous readers, but also Brednich’s call in his preface leds to an exceptionally broad resonance. Until 2009 Rolf W Brednich received about 6,000 letters in which his readers informed him about new stories, comments or literature so that he could publish four other volumes during the following years. The uniqueness of the German phenomenon “letters to the editor” as one of the most interesting facts in the folkloristic cultural research of the 20 th century. A part of these letters were analysed and categorized. The reception of contemporary legends in media (film, Internet etc.) is addressed. And now after the Spinne? For example, in Germany nobody of folklorists collects contemporary legends on the Internet now. In this paper I consider these problematic and the trend.

片岡  樹 KATAOKA Tatsuki

pp. 21-36.

祟る中世―愛媛県菊間町の戦国落城伝説―

Haunted by the Middle Ages: Narratives of the Falls of Castles in Kikuma, Ehime Prefecture

キーワード:愛媛 菊間 亡霊 戦国時代 祟り

要旨
 本論文は、愛媛県菊間町において、戦国時代の落城にまつわる亡霊伝説の成立過程を検討する。現在の菊間では、天正13年(1585)に高仙山城が陥落したとする語りが幅広く共有されている。これらの語りは、亡霊に起因する不幸の物語などを通して、人々の日常生活にも反映されている。しかしながら、近年の郷土史研究の進展により、高仙山城の天正13年落城説それ自体が疑問に付されるようになり、実際には戦闘が行われなかったという説が有力となっている。既存の郷土史理解が疑問に付されるのであれば、不幸の原因を亡霊に帰する説明の有効性もまた疑わしくなる。菊間の落ち武者伝説を検討することで明らかになるのは、それらが石に関する崇拝の一環を構成しており、それが天正13年落城説を唱える近世の軍記物語の流通や、その記述を取り入れた明治以降の地方誌の編纂により確立してきたということである。

Abstract
  This paper examines the process of creating narratives of haunting ghosts in Kikuma, Ehime Prefecture, which are said to have originated with the falls of local castles in the Sengoku period. Currently in Kikuma, a tale of the Sengoku period which focuses on the fall of Koze Castle to Kobayakawa’s force in 1585 is widely shared among the locals. These narratives are reflected in the local people’s daily lives by means of deaths and other misfortunes caused by such haunting ghosts.However, the theory of the falling castle in 1585 has been questioned in the field of local historical studies in favor of another theory stressing the peaceful surrender of the local forces to the conquerors. In that case, if the existing theory of local history is questioned, the attribution of the haunting ghosts also becomes obscure. Examination of case studies surrounding the tales of the defeated warriors reveals that these form a part of local folk belief in the supernatural power of stone, which has gained popularity as an effect of the circulation of books to stress Kikuma’s surrender in 1585 published in the early modern period and local authority’s publications of a series of gazetteers after Meiji.

野続 祐貴 NOTSUZUKI Yuki

pp. 37-51.

「脱日常化しない祭り」における日常と非日常―青森ねぶた祭に参加する「旅人跳人」の実践に着目して―

The Sacred and Profane in “Festivals That do not Stray beyond the Profane”: Case Study of Budget Travelers Participating in the Aomori Nebuta Festival

キーワード:青森ねぶた祭 日常と非日常 ライダー/ チャリダー キャンプ場 儀礼論

要旨
 本論文は、愛媛県菊間町において、戦国時代の落城にまつわる亡霊伝説の成立過程を検討する。現在の菊間では、天正13年(1585)に高仙山城が陥落したとする語りが幅広く共有されている。これらの語りは、亡霊に起因する不幸の物語などを通して、人々の日常生活にも反映されている。しかしながら、近年の郷土史研究の進展により、高仙山城の天正13年落城説それ自体が疑問に付されるようになり、実際には戦闘が行われなかったという説が有力となっている。既存の郷土史理解が疑問に付されるのであれば、不幸の原因を亡霊に帰する説明の有効性もまた疑わしくなる。菊間の落ち武者伝説を検討することで明らかになるのは、それらが石に関する崇拝の一環を構成しており、それが天正13年落城説を唱える近世の軍記物語の流通や、その記述を取り入れた明治以降の地方誌の編纂により確立してきたということである。

Abstract
  This study attempts to analyze the phenomenon and deepen the discussion of the sacred and profane appearing in contemporary Japanese festivals, particularly by focusing on tourist participation.
 Previous research predominantly argues that it is difficult for participants of contemporary festivals to escape the profane and move toward the sacred. In fact, it is easy to confirm the trend that festivals do not work in this way, in that they continuously switch between profane and sacred times. An example of this is that violence is strictly forbidden during such festivals.
  However, many tourists who desire sacred time participate in such festivals. Therefore, this study focuses on budget travelers who participate in the Aomori Nebuta Festival, paying particular attention to changes in how travelers interact with violence.
  Finally, this study notes the following two points. The first is that tourists become actors who support the festival that do not stray beyond the profane. The second is that from the perspective of ritual theory in symbolic anthropology, tourists’ ritual performance represents, on some level, sacred and profane times within the festival.

永岡 圭介 NAGAOKA Keisuke

pp. 57-67.

現代の湯治における保養についての一考察

Thinking about Implications of the Modern Hot Springs Cure from the View of Rest

キーワード:湯治 保養 ウェルネスツーリズム 滞在

要旨
 環境省より指定される国民保養温泉地は、現在、人口と訪問客が減少する温泉地の課題に向けて、地域資源を活用した再計画化を進めている。その一例として、筆者が2012年以来調査を手がけてきた肘折温泉郷では、地元の診療所から医師が温泉療養相談に応じる一方で、温泉の利用方法・知識を習得した指南役「スパリエ」の育成が図られてきた。
 C.Voigt(2014)によって提示されたウェルネスツーリズムは、現代の湯治、とりわけ保養のための温泉地滞在を考察するうえで有意義な概念枠組である。それは、生体医療や療養を補完・代替し、心身両面の善良な状態(well-being)を志向する。わが国では21世紀以降、クアオルトとヘルスツーリズムが推進されるなかで、温泉を活かした取り組み(プログラム)が展開され、効果検証を交えつつ認証されてきた例もある。
 豊富温泉の事例では、実際に湯治を経験したスタッフ(相談員)が、訪ねてきた客に入浴と滞在中の過ごし方について助言し指導する。そうした対応は、医学的処方とは異なり、精神面の善良を充足し、身体の変調に伴うストレスを緩和することにつながる。湯治を重ねてきた体験者が綴る記録は、湯治による心身両面の変調と回復を映し出す。
 現代の湯治は、温泉の湯自体あるいはその療養効果以上に、温泉と訪問客とのかかわりあいを示唆する。療養と観光の要素を帯びつつ、それらのあいだに「保養」を位置づける湯治は、湯治客個々と滞在地を結びつけ、双方にwell-being(健康=善良な状態)をもたらすという意義をもつ。

Abstract
  The National Health Onsen Resort by the Ministry of the Environment is being replanned together with regional resources, it copes with a problem for the population and visitor’s decrease. In Hijiori spas that author has surveyed since 2012, training and expansion of hot spring masters spalier and dealing with hot spring cure consultation by a community clinic doctor had been promoted as a different program. Wellness tourism suggested by C.Voigt is meaningful concept to think about current hot springs cure and it denotes staying at destination of hot springs for rest. It complements medical treatment and recuperation and intends the state of well-being on both mind and body. In Japan since 21th century, Kurort and healthtourism are being promoted through programs which were assessed or certificated.
  The case of visitor’s diary in Toyotomi spa shows that visitors can sense recovery of the symptom and modulation by hot springs cure. Staffs who experienced hot springs cure can give visitors some advices about the way of bathing and about how to have time. They are different from medical retreatments, and are related to mitigation of stress which accompanies the symptom on body and satisfy wellbeing of mind. Modern hot springs cure denotes connecting the hot spring with visitors more than hot springs themselves or recuperation effects.
  The hot springs cure for rest is between medical cure and tourism. It implicates social well-being of the destination of hot springs for visitors and for residents.

ページトップへ